首を傾けている女性

面接時の確認

草原にいる女性

お客さんに性的なサービスを提供するために風俗求人の面接では身分証明証が必要になります。
免許証や保険証、住民票等様々なもので応募した人の年齢や所在を確認していきます。
どのような業種でも、身分証明証の提示が求められるので、事前に準備をしておく必要があります。
履歴書が必要でないという職種も多いですが、高級店と呼ばれるお店の場合は、履歴書が求めれられることもあります。
面接を受ける前に事前にどのような書類が必要なのか確認して面接をうけることが大切です。

風俗求人では、面接時の服装はとくに重要視されません。
カジュアルでラフな格好をして面接を受けることも可能です。
しかし、高級のキャバクラ店等を受ける場合は、ジーンズにTシャツという服装はあまり好まれません。
ある程度清潔感のある服装を心がけ、お店の雰囲気に合いそうな洋服を着用すると、採用率がアップします。
一般的なお店での面接の場合は、服装よりもこの人がどの程度サービスができるのか、やる気があるのか等で採用を判断していきます。
風俗求人は基本的に採用率が高く、多くの人が採用されていきます。
NGのことが多い場合や、雰囲気がお店と合っていないと判断された場合、どんなに容姿が優れていて教養があっても落とされることがあります。
その場合は、自分とお店が合わなかったとあっさりと割りきって次のお店に面接を受けることで、より自分に合ったお店を探すことができます。
風俗求人サイトには様々なお店の記載があるので、自分の働きやすいお店を見つけることが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加